エル・タンゴ ご来場ありがとうございました![コンサート]

ぴかぴか(新しい)たくさんのご来場をいただき本当に盛り上がりましたエル・タンゴ@三鷹市芸術文化センター!

打ち上げもキャスト&スタッフ一同興奮覚めやらぬ感じで大騒ぎでした。ビール

写真 (4).JPG

個々に実力者でヤル気に満ちたメンバーばかりな上に、ゲストのレオナルド・グラナドスさんの渾身のパフォーマンス!すべての役者が揃ったコンサートだったと思います。本当にありがとうございました!

エル・タンゴには個人的にちょっと想い出があるんです。

僕が22歳の頃(95年頃?)作曲家の啼鵬君から連絡があり、「ピアソラの楽譜が本郷の楽譜ショップで大量に売ってるよ」とのことでした。

これはびっくりしました。今では珍しくもない話に聞こえてしまうだろうけど、あの頃はタンゴの楽譜が、ピアソラの楽譜が店で売っている、ということが「異常なこと」だったんです。半信半疑なまま、すぐに本郷三丁目のアカデミアミュージックにすっ飛んで行きました。とにかく端から全部買って30万円どんっ(衝撃)ぐらいの大人買いでした。

中には「メイド・イン・USA」(これは『タンゴローグ』というアルバムに収録)みたいな、今でも全く聞くことのない珍曲もありました。

で、その中に「エル・タンゴ」の最初の曲のクインテット用の楽譜があったんです。

変わってて面白い曲だと思って、当時の仲間と何度もライブハウスでやりました。僕のバンドネオン、ベースはジャズの長谷川泰弘さん、ピアノは加藤(現・佐藤)美由紀、バイオリンは井手上康、そしてギターのパートをビブラフォンで真崎佳代子(彼女は三鷹で久しぶりに共演)、そして朗読はロベルト杉浦が!がく〜(落胆した顔)

ちょうど同じ頃、エル・タンゴ全曲のCDがちょっとだけ輸入盤で入ってきたので一応曲の全貌は見えました。気持ちの片隅で「いつかこんな曲を全部やれる日もくるのかな」ぐらいに思っていました。

それが17年経ってから三鷹市芸術文化センターの皆様のお力で実現!…と嬉しく思っていたんですが…

蓋を開けてみたら驚きました。エル・タンゴの権利関係を扱っている、あるレコード会社から送られてきた楽譜は、最初と最後の曲だけ。つまり全7曲中の途中の5曲はメロディーと歌詞が書いてあるペラッペラの譜面だけ。

慌てて問い合わせたら「それしかないです。」みたいな見事にラテンスタイルなお返事。ハアァ〜?なんじゃそりゃ?もうやだ〜(悲しい顔)

ギターのレオナルド・ブラボさんが、ピアソラさんの息子さん(キーボーディスト)に個人的に問い合わせてくれましたが「その譜面は見たことありません」との返事。

で、結局どうしようもないので昔のようにCDから耳コピしましたよ。クインテットの曲はバンドネオンの早川純さんに書いてもらい、大編成の曲は僕が書きました。まあ、もらった楽譜で手っ取り早く演奏するよりはむしろ曲を深く分析できるからいいんですが…7曲中の5曲がないってのはさすがラテンっていうかスゴい話(笑)。
_Q2A7606.jpg
そんなこんなでしたが成功しましたね。楽器編成も大きく有名曲もない(しかし立派な)大掛かりな曲をやらせてくださった三鷹市芸術文化センターさま!この文化レベルの高さはどうよ!黒ハート心より感謝申し上げます!
2012-09-11 18:45 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
エル・タンゴ!!
堪能しました。
紆余曲折があって完成したコンサートだったのですね。まあ、困難があるほどやる気と才能がほとばしる亮太さんではありますが。
はるばる三鷹まで行った甲斐ありです。
柊子(2012-09-12 10:40)
エルタンゴにそんな裏話があったんですね〜(◎o◎)ホントに素晴らしいコンサートでした(^w^)
打ち上げ、楽しそうですね〜
さえにゃん(2012-09-14 13:18)