エル・タンゴ ご来場ありがとうございました![コンサート]

ぴかぴか(新しい)たくさんのご来場をいただき本当に盛り上がりましたエル・タンゴ@三鷹市芸術文化センター!

打ち上げもキャスト&スタッフ一同興奮覚めやらぬ感じで大騒ぎでした。ビール

写真 (4).JPG

個々に実力者でヤル気に満ちたメンバーばかりな上に、ゲストのレオナルド・グラナドスさんの渾身のパフォーマンス!すべての役者が揃ったコンサートだったと思います。本当にありがとうございました!

エル・タンゴには個人的にちょっと想い出があるんです。

僕が22歳の頃(95年頃?)作曲家の啼鵬君から連絡があり、「ピアソラの楽譜が本郷の楽譜ショップで大量に売ってるよ」とのことでした。

これはびっくりしました。今では珍しくもない話に聞こえてしまうだろうけど、あの頃はタンゴの楽譜が、ピアソラの楽譜が店で売っている、ということが「異常なこと」だったんです。半信半疑なまま、すぐに本郷三丁目のアカデミアミュージックにすっ飛んで行きました。とにかく端から全部買って30万円どんっ(衝撃)ぐらいの大人買いでした。

中には「メイド・イン・USA」(これは『タンゴローグ』というアルバムに収録)みたいな、今でも全く聞くことのない珍曲もありました。

で、その中に「エル・タンゴ」の最初の曲のクインテット用の楽譜があったんです。

変わってて面白い曲だと思って、当時の仲間と何度もライブハウスでやりました。僕のバンドネオン、ベースはジャズの長谷川泰弘さん、ピアノは加藤(現・佐藤)美由紀、バイオリンは井手上康、そしてギターのパートをビブラフォンで真崎佳代子(彼女は三鷹で久しぶりに共演)、そして朗読はロベルト杉浦が!がく〜(落胆した顔)

ちょうど同じ頃、エル・タンゴ全曲のCDがちょっとだけ輸入盤で入ってきたので一応曲の全貌は見えました。気持ちの片隅で「いつかこんな曲を全部やれる日もくるのかな」ぐらいに思っていました。

それが17年経ってから三鷹市芸術文化センターの皆様のお力で実現!…と嬉しく思っていたんですが…

蓋を開けてみたら驚きました。エル・タンゴの権利関係を扱っている、あるレコード会社から送られてきた楽譜は、最初と最後の曲だけ。つまり全7曲中の途中の5曲はメロディーと歌詞が書いてあるペラッペラの譜面だけ。

慌てて問い合わせたら「それしかないです。」みたいな見事にラテンスタイルなお返事。ハアァ〜?なんじゃそりゃ?もうやだ〜(悲しい顔)

ギターのレオナルド・ブラボさんが、ピアソラさんの息子さん(キーボーディスト)に個人的に問い合わせてくれましたが「その譜面は見たことありません」との返事。

で、結局どうしようもないので昔のようにCDから耳コピしましたよ。クインテットの曲はバンドネオンの早川純さんに書いてもらい、大編成の曲は僕が書きました。まあ、もらった楽譜で手っ取り早く演奏するよりはむしろ曲を深く分析できるからいいんですが…7曲中の5曲がないってのはさすがラテンっていうかスゴい話(笑)。
_Q2A7606.jpg
そんなこんなでしたが成功しましたね。楽器編成も大きく有名曲もない(しかし立派な)大掛かりな曲をやらせてくださった三鷹市芸術文化センターさま!この文化レベルの高さはどうよ!黒ハート心より感謝申し上げます!
2012-09-11 18:45 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

エル•タンゴ 人気です![コンサート]

9月8日&9月9日です!

黒ハートアストル・ピアソラ没後20年記念「小松亮太presentsエル・タンゴ」
http://mitaka.jpn.org/ticket/1209080/

三鷹市芸術文化センター風のホールのチケットご予約状況をリアルタイムでご確認いただけます。

★灰色のお席は既にご予約済みです。

9月8日(土)19時〜
http://mitaka-art.jp/ticket/koen.do?jigyoBango=120908&unitCode=123 赤の「確認」キーをクリック!

9月9日(日)15時〜
http://mitaka-art.jp/ticket/koen.do?jigyoBango=120909&unitCode=124 赤の「確認」キーをクリック!

ご予約済みのお席が増えてきております。ありがとうございます!
ご予約がまだのお客様どうぞお見逃しなく!

エル・タンゴ(全曲) バンドネオン協奏曲(全曲) リベルタンゴ ジェラシー(ピアソラ編曲)コンドルは飛んで行く(ピアソラ編曲)and more…
2012-06-16 20:50 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

本日発売!エルタンゴ[コンサート]

皆さん小松亮太オフィシャルツイッターへの盛大なるフォローをありがとうございます!

ぴかぴか(新しい)本日(6月8日)から三鷹市芸術文化センター公演のチケットがいよいよ発売です!

またまた世界で僕以外にはあり得ない(本当です)企画が実現!パンチ

アストル・ピアソラ没後20年を記念して

るんるんピアソラの「エル・タンゴ」全曲!
http://mitaka.jpn.org/ticket/1209080/

9月8日&9月9日です!

つまりこの曲を生ライヴで全曲っていうのは、まずあり得ないんですよ!ライヴ用として作曲されてないですから!

さすが小松亮太なこの企画。しかもバンドネオン協奏曲までやってしまいます。

9月8日&9月9日は三鷹が世界のタンゴファンの聖地となるでしょう。

良いお席はお早めに!!!!!!!!!!!!!
2012-06-08 13:44 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

live image千秋楽[コンサート]

ライブ・イマージュ@東京国際フォーラム、2日間とも大盛況でした!本当にありがとうございました!

イマージュの出演を今回で終えられた加古隆さん、そしてサプライズ・アンコールの「スペシャル加古隆メドレー」の見事なアレンジをされたイマージュ音楽監督・羽毛田さんと3ショット。
写真 (5).JPG

加古さんが会場入りされる前に全員が秘密で集まって大急ぎでリハーサルしました。本当に感動的でエポックメイキングなアンコールでした。客席とステージ双方からすすり泣きが聞こえてきました。

帰宅してから改めて加古さんの年譜を見ました。…やっぱり本当に本当に偉大な音楽家ですね。「あの加古さんと12年もご一緒したのか…」という気持ちになりました。

加古さんについて、個人的思い出というと…

最初は確か85年頃、小学6年のときのニッカウイスキーのCMの「ポエジー」。アイルランド民謡のグリーンスリーブスからインスパイアされた曲だったと思います。

その次は、両親と行った86年の渋谷スパイラル(多分)で聴いたソロ・ライヴ。何もない広いフロアで、お客さんは全員スタンディングで、加古さんをとり囲んで延々ソロを聴く、という異様な迫力のライヴだったのでよく覚えてます。「クレー」というアルバムのリリース記念ライヴだったと思います。

で、96年の正月、「映像の世紀」が再放送されていたのを毎晩見て、その映像と音楽に本当に圧倒されました。「音楽:加古隆」というテロップを見て驚いた記憶があります。えっ、加古さんてこういう作曲家だったんだ…という感じで。

そして2001年のイマージュで初めてお会いしたわけで、心の中では「あの加古隆と一緒なのか〜黒ハート」という思いでした。

イマージュのツアーのバスや飛行機の中では悩みを聞いていただいたり、アドバイスをいただいたり、パリ時代のお話をしていただいたり…僕が作曲した「オスバルド・モンテスとの遭遇」とか「土手と君と」を褒めていただいたときは、そりゃもう嬉しかったです。あの加古さんに!毎日釘付けになって見ていた「映像の世紀」の加古さんに褒められてるんだから!

というわけで感動的な千秋楽でした。たくさんのご来場に御礼申し上げます!
2012-05-21 18:21 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

神戸公演ご来場ありがとうございました![コンサート]

ライブ・イマージュ@神戸こくさい会館、立ち見のお客様のお姿もあり盛り上がり切って終了しました!ありがとうございました!

かみさんのブログに仔犬ちゃんの話題が出ています。
http://kurovl.exblog.jp/

おととい別れたばかりですけど、何かの機会にまた会いたいな…と早くも思っている僕がいます←傷心を紛らわすため今風な言い回しで書いてみました
2012-05-14 17:43 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0

今日は長崎です。[コンサート]

7月7日公開「グスコーブドリの伝記」のホームページがリニューアルされています!

前半の音楽は小松亮太作曲のメインテーマ、後半が小田和正さんの「生まれ来る子供たちのために」です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/budori/

ライヴ・イマージュ@福岡サンパレス、お陰様で楽しく輝かしく終了しました!ご来場ありがとうございました!

今朝はバスで長崎に移動。ライヴ・イマージュ@長崎ブリックホール、17:30開演です。
2012-05-06 16:11 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

ライブイマージュ大阪公演[コンサート]

ライヴ・イマージュ大阪オリックス劇場での2公演も、毎回のことですが大変盛り上がって終了しました。本当にありがとうございました!

★小松亮太が音楽を担当した映画「グスコーブドリの伝記」のサウンドトラックは6月6日発売です!

★そして7月4日には今まで小松亮太が手掛けたテレビや映画での音楽を集めたベストアルバム「ジャバラライフ」が発売になります!
小松作曲の「下弦の月」や「風の詩〜THE世界遺産」、鳥山雄司さん作曲の「Starneon」、等々どうぞお楽しみに!
2012-05-01 11:01 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0

ファンの集い ご来場ありがとうございました![コンサート]

先日の小松亮太ファンクラブの集い@Buddyでは多くのお客様に盛り上げていただき誠にありがとうございました!
写真 1.JPG

ムコ多糖症の子供たちへの募金活動にも多大なる御協力をいただき心より感謝申し上げます!合計金額など詳細は後程ご報告します。
写真 2.JPG

2009年に「名曲アルバム」で放送されました小松亮太編曲の「アディオス・ノニーノ」と「我が懐かしのブエノスアイレス」のオーケストラバージョンがNHK-FM、そしてNHKラジオ第2「名曲スケッチ」で再放送されます!是非お聴きください。

★4月17日(火)00:50〜01:00 NHK-FM

★4月19日(木)13:50〜14:00 NHKラジオ第2

http://www.nhk.or.jp/meikyoku/schedule/s1204d.html
2012-04-10 15:02 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

オルケスタ公演ありがとうございました![コンサート]

ミニツアーは終わりましたが、今日は大宮の鉄道博物館に末っ子とふたりで来てます。もう電車まみれ。
120402_1753~01.jpg

昨日のブルーノート東京、そして一昨日の名古屋ブルーノートには満場のお客様に盛り上げていただきまして、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!
写真 (1).JPG
ラバジェンの「メリディオナル」ピアソラの「ビジェギータ」モーレスの「軍靴の響き」等々…お陰様で思い切った演奏ができました。弾きながら「トラディショナルなスタイルのタンゴはやっぱりいいなぁ…」と感じ入ってました。

年がら年中11人編成のオルケスタ・ティピカをやるっていうのは色んな意味でトゥーマッチだと思いますけど、やっぱりタンゴという以上は時々はやるべきだと思うし、タンゴに興味ある音楽ファンには必ず体験して欲しい音楽スタイルだと思いますね。

昨年と今年は世界が認めた天才ピアソラの生誕90年と没後20年の記念イヤーでした。だからこそ思うんですが「ピアソラ以前のタンゴに値打ちなし」という主旨のことを方々でお書きになっている一部の評論家や作曲家の先生方には、ぜひ今回のツアーのようなお客様の盛り上がりをご覧いただきたいですね。ピアソラが天才なのは誰しもわかっていることですが、だからといって彼以外のタンゴの全てが本当に先生方のおっしゃるように「所詮タンゴ」であり「ピアソラでも何でもない退屈なタンゴ」と言えるのかどうか。ピアソラ没後20年の記念の年にそこのところを実際に見て聴いて、お客様の反応も確かめてからご判断いただくのは決して無意味じゃないと思うんですが。

何度ライヴを観ても「所詮タンゴ」に聞こえて、何度CDを聴いても「ダンスの伴奏に過ぎない」と感じられるならそれはそれで結構ですが、観ない、聴かない、アーティストの名前も曲の題名も知らない状態で「天才ピアソラと退屈な古いタンゴ」という図式でピアソラを語ることが評論といえるんでしょうか?

文句を言ってるのではありません。没後20年の記念の年にそこを考えていただくだけで有意義かな、と昔ながらのオルケスタ・ティピカ編成で演奏しながら思ったんです。

札幌公演の様子はかみさんのブログをご覧ください。http://kurovl.exblog.jp/
2012-04-03 03:36 この記事だけ表示 |コメント 5 |トラックバック 0

残席僅少![コンサート]

黒ハート黒ハートお陰様で、4月1日の小松亮太&オルケスタ@ブルーノート東京は、あと10席ほどを残すところとなりました。どうぞお早めのご予約を。

★3月31日 小松亮太&オルケスタ@名古屋ブルーノートも残席が少なくなってきております。良いお席はお早めに!
http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201203.html#0331
2012-03-28 10:26 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0